HOME | 鍼の理論

鍼の理論

【なぜ痛み・コリを生じるのか】
中国の古典医学書である「内経」には「通じなければ痛む」と書いてあります。中国医学では「気」という力で血液を動かしたりコントロールするという概念があります。気が滞ると血が流れなくなり、痛みが起きると考えたのです。そこで血が滞った部位に鍼を入れて詰まった組織を壊して掃除する。その結果、血流が再開して組織が栄養され病が治りました。
 
筋肉に物理的な負荷がかかると筋肉が収縮します。その状態を続けると、筋肉内の血管は圧迫され血が循環しなくなりうっ血します。うっ血するとは血液が酸欠状態になることを意味します。
新鮮な酸素が入ってこないため、筋肉の緊張(硬い)状態が続き 、筋肉に物理的な負荷がかからなくなっても緊張が解けなくなってしまうのです。これを昔は経脈が攣ると呼んでいました。
こうして血管が筋肉で圧迫される状態が続きますと、酸素不足のため更に筋肉の緊張が強くなり、痛みを出すほど神経を締めつけます。これを絞扼痛と呼びます。例えば「正座をしてふくらはぎが痛くなる、足がしびれる」というのは正座という姿勢により、体重がふくらはぎにかかり神経が圧迫されるために痛みやしびれが生じるのです。
2014年7月、大腿筋膜張筋に針先をずらしながら生理食塩水を注入すると厚くなっている筋膜の重積がバラバラと分離される様子が確認されました。注射直後より鎮痛効果や結合組織の伸張性・柔軟性の改善も確認されました。このことから、筋膜の癒着が「痛み」に関して影響していることが分かりました。
 
ここまでを整理すると
①筋肉の緊張(硬さ)により痛みやコリを誘発する。
②筋肉の緊張により神経を圧迫して神経痛を生じることがある。
③筋膜の癒着により痛みが生じることがある。
 
【解決方法】
筋肉に問題があるのか、という点を判断するには基準があります。
 まず、筋肉を軽く圧迫して痛みがあるかどうか確認します。筋肉は筋膜という膜に包まれており、その筋膜には痛みを感知するセンサー(受容器)が多く存在します。そのため、緊張した筋肉は少しの圧力で痛みを感じやすくなっており、圧迫した筋肉が発痛源だと分かります。
 次に動かしてもらいます。例えば大腰筋という筋肉を例に説明すると、大腰筋は股関節の前側を通り腰椎(腰の背骨)から大腿骨に付着しています。体を後ろに反らせる格好で伸長され、前屈する格好で短縮します。大腰筋は筋肉の中を神経が通過しているため、筋肉が硬いと身体を後ろに反らせた格好で神経が引っ張られ痛みが生じます。または防御的にあまり後ろに反れません。このように、動きを見てどの筋肉に発痛源があるか推測できるのです。
 最後に夜間痛です。夜間になると血圧が下がり、脈拍も低下します。この時、緊張した筋肉はただでさえ血流不足で酸素が少ない状態ですが、更に酸素が不足してしまいます。そのため、夜間に筋肉の緊張が強くなり痛みを生じます。
 
これらの情報を収集して、どの筋に鍼を入れるか判断します。
そして問題と考えた筋に鍼を入れます。発痛源が表層にあるか深層にあるかは刺入する抵抗感や患者自身が感じる「得気」により判断できます。鍼が緊張した帯状域に入った時は刺入する際の抵抗感が増します。そして針が筋肉にぎゅっとつかまれて、時に患者自身が強い痙攣様の感覚(得気)を生じることがあります。これは発痛源に鍼が入ったことを意味しており得気の重要性は中国の古典にも記録があり、昔から重要な指標とされてきました。
このような反応があると、痛みやこりに対して即効性のある効果が期待できます。
このように「解剖学的」「神経学的」な知識を根拠に施術を行うため、再現性が高い施術しています。