HOME | 鍼灸適応疾患

鍼灸の適応疾患

1996年、WHO(世界保健機構)は鍼灸の適応について以下の疾患を提案しました。
1)運動器:テニス肘、頚部筋筋膜症、肩関節周囲炎、慢性関節リウマチ、打撲と捻挫、変形性関節症 等。
2)消化器、呼吸器:下痢・便秘、潰瘍性腸症候群、急性扁桃炎、咽頭炎、喉頭炎、慢性副鼻腔炎、気管支喘息など
3)疼痛疾患:頭痛、片頭痛、緊張型頭痛、坐骨神経痛、扁桃腺摘出術後疼痛、抜歯疼痛、ヘルペス後神経痛、三叉神経痛
4)循環器系疾患:狭心症を伴う虚血性心疾患、高血圧症、低血圧症、不整脈など
5)泌尿器、産婦人科系疾患:月経困難症、分娩誘導、月経異常、不妊、ED、遺尿症、尿失禁など
6)その他:近視、肥満、メニエール症候群、片麻痺、うつ病、薬物中毒、アルコール中毒
 
【当院の得意な疾患】
頭:頭痛 顔面神経痛 顎関節症 眼精疲労 めまい 耳鳴り
頸:首凝り ムチウチ 寝違い 頚椎症 頚椎ヘルニア
肩:肩こり 五十肩 腱板損傷 石灰沈着性腱板炎 肩甲骨間の痛み
腕:内・外側上顆炎 手根管症候群 上腕二頭筋腱炎
手:腱鞘炎・ばね指
腰背:背部痛 慢性腰痛 急性腰痛(ぎっくり腰) 坐骨神経痛 腰椎椎間板ヘルニア
股:鼠径部の痛み おしりの痛み 変形性股関節症 大腿前面の痛み
膝:オスグット病 変形性膝関節症 膝うらの痛み 
足:シンスプリント 外反母趾 偏平足 足底筋膜炎 踵の痛み
婦人科系:生理痛 生理不順
その他:全身疲労 冷え性 不眠症 線維筋痛症 自律神経失調症 うつ病